会社沿革

2017年

3月 第50回台湾外科医学会に出展(台北)

中国中華医学会腎臓学分会血液浄化論壇に出展(廣州)

4月 世界腎臓病学会議(World Congress of Nephrology,WCN) に出展(メキシコ)
6月 第54回欧州腎臓学会・欧州透析移植学会(ERA-EDTA)に出展(マドリード)

第61回日本透析医学会JSDTに出展(横浜)

口頭発表:遠赤外線治療が血液透析患者の末梢動脈疾患に対するABIの改善 (Far infrared Therapy Improves Ankle Brachial Index in Hemodialysis Patients with Peripheral Artery Disease)

 

 


2016

4月

 

Firapy業務用タイプが外国製造指定管理医療機器製造販売認証書取得

認証番号:228AFBZI00050000

6月

 

 

 

第61回日本透析医学会JSDTに出展

口頭発表:「The effect of Far Infrared Therapy on the Maturation of Newly-Created Arteriovenous Fistula and the Parameters of Inflammation, Endothelial Function and Oxidative Stress in Patients with Advanced Chronic Kidney Disease」(MD Shang-Feng Yang、台湾)

8月

 

Firapy家庭用タイプが外国製造指定管理医療機器製造販売認証書取得

認証番号:228AFBZI00087000

11月

 

 

アメリカの腎臓医学年会ASN (Philadelphia, U.S.) に

ポスター発表:「Far infrared therapy inhibits platelet adhesion via the induction of ADAMTS-13」(Wen-Yi Chen、台湾)

12月

 

 

韓国のKidney Research and Clinical Practiceに論文発表:「Clinical utility of far-infrared therapy for improvement of vascular access blood flow and pain control in hemodialysis patients」

 

 


2015

4月

 

 

第9回バスキュラーアクセス協会大会VAS(Barcelona、Spain)に出展、口頭発表:「Effect of Far-Infrared Therapy on Arteriovenous Fistula: UpDate」(MD Lin, Chih-ching、台湾)

6月

 

 

 

 

 

第60回日本透析医学会JSDT(横浜)に「フィラピー」の名で出展

口頭発表:「シャント狭窄に対する遠赤外線療法の有用性」(MD井尾浩章、日本)

ポスター発表:「血液透析(HD)患者の末梢動脈疾患に対するる遠赤外線療法の評価」(MD井尾浩章、日本)

8月

 

 

 

透析アクセス研究会DAS(Seoul、Korea)に出展

European Journal of Vascular & Endovascular Surgery論文発表

「Far Infrared Therapy as a Novel Treatment for Hand Ischemia Following Arteriovenous Graft for Hemodialysis」

9月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本アクセス研究会JSDA(広島)に出展

口頭発表:

1、How to create a new native arteriovenous fistula in hemodialysis patient and how Far-Infrared Therapy can improve the maturation rate(MD Chai-Hock Chua、台湾)

2、The effect of Far Infrared Therapy on the integrated care of arteriovenous fistula: from creation, maturation to maintenance(MD Lin, Chih-ching、台湾)

第9回ISHD(Kuala Lumpur、Malaysia)に出展

 

口頭発表:

「Far Infrared Treatment-A Novel Therapy to Improve Fistula Patency. A Pilot Study.」(MD Dheepa Ramasamy、マレーシア)

ポスター発表:

1、Calciphylaxis with Extensive Vascular Ulcer – A Successful Story(MD Ching Chen Hua、マレーシア)

2、Single Center Experience, Using Far-Infrared Therapy on AVF/BCF Access in ESRF Patients(MD Kee Swee Ann、マレーシア)

11月

 

 

 

 

 

 

アメリカの腎臓医学年会ASN (Philadelphia, U.S.) に

口頭発表:「The Effect of Far Infrared Therapy on the Maturation of Newly-Created Arteriovenous Fistula and the Parameters of Inflammation, Endothelial Function and Oxidative Stress in Patients with Advanced Chronic Kidney Disease」(MD Lin, Chih-ching、台湾)

ポスター発表:「Effect of Far Infrated Radiation on Platelet Adhesion to Human Umbilival Vein Endothelial Cells」(MD Wen-Yi Chen、台湾)


2014

5月 第14回アジア太平洋腎臓学会(APCN)に出展、日本で初デビュー
6月

 

 

ヨーロッパ腎臓医学年会ERA-EDTA(Amsterdam、Netherland)に出展、ポスター発表

「A single treatment, using Far Infrared Light, increased bloodflow and AV-fistula diameter」(Skaraborg Hospital、スウェーデン)

8月

 

 

 

 

第59回日本透析医学会(神戸)に出展

イギリスの血管外科医Khalid Bashar先生が公共科学図書館ジャーナル(PLoS One)に論文発表

「Role of Far Infra-Red Therapy in Dialysis Arterio-Venous Fistula Maturation and Survival: Systematic Review and Meta-Analysis」

 

9月

 

 

アメリカ消化器ジャーナル(AJG)に論文発表

「Far-infrared Therapy as a Novel Treatment for Encapsulating Peritoneal SclerosisFar-infrared Therapy as a Novel Treatment for Encapsulating Peritoneal Sclerosis」

10月 マレーシアに進出

 


 

2013

1月

 

 

 

イギリスオックスフォード「腎臓医学、透析及び移植ジャーナル(NDT)」に論文発表

「Length polymorphisms of heme oxygenase-1 determine the effect of far-infrared therapy on the function of arteriovenous fistula in hemodialysis patients: a novel physicogenomic study」

3月

 

アメリカ腎臓病ジャーナルAJKDに論文発表

「Effect of Far Infrared Therapy on Arteriovenous Fistula Maturation: An Open-Label Randomized Controlled Trial」

5月

 

ヨーロッパ腎臓医学年会ERA-EDTA(5/18-21日)に出展

世界腎臓医学界(WCN、5/31-6/4日)に出展

9月

 

 

Laser in Medicine Scienceに論文掲載

「Effects of far-infrared radiation on heart rate variability and central manifestations in healthy subjects: a resting-fMRI studyEffects of far-infrared radiation on heart rate variability and central manifestations in healthy subjects: a resting-fMRI study」

10月 イタリアに進出

 


 

2012

5月

 

 

 

ヨーロッパ腎臓医学年会ERA-EDTA (ParisFrance)に出展

ポスター発表

「Far Infrared Therapy Improves Endothelial Function and Access Flow of Newly-created AV Fistula in Patients with Stage 5 Chronic Kidney Disease」(MD Lin, Chih-ching、台湾)

8月

 

「非熱康譜」とのブランドで中国に進出

アジア腎臓看護シンポジウム(ANNS 2012)に参加

 


 

2011

6月

 

 

 

イギリス腎臓医学年会BRSに出展、ポスター発表

1、Far Infrared Therapy – a novel treatment for AV Fistula Maturation and Maintenance? (City Hospital Sunderland、イギリス)

2、Length Polymorphism of Heme Oxygenase-1 gene determines the therapeutic effect Of far infrared therpay on access flow and unassisted patency of AV fistula in HD patients(MD Lin, Chih-ching、台湾)

 

11月

 

 

 

 

 

 

フランスへ進出

アメリカの腎臓医学年会ASN (Philadelphia, U.S.) に出展

ポスター発表

1、Far Infrared Therapy Improves Access Flow and Endothelial Function of newly-created AV access in Patients with End Stage Renal Disease(MD Lin, Chih-ching台湾)

2、Far Infrared Therapy: a Novel Treatment for AV Fistula Maturation and Maintenance? (City Hospital Sunderland、イギリス)

 


 

2009年

5月

 

ヨーロッパ腎臓医学年会ERA-EDTA及び国際腎臓医学会(World Congress of Nephrology、MilanoItaliana)に出展
10月 アメリカの腎臓医学年会(ASN)のRenal Week に出展
11月 台北国際医療展示会(Mediphar Taipei)でTY-101Nが創新製品賞を受賞

 

2008年

4月

 

 

アメリカ心臓協会ジャーナルに論文発表

「Far Infrared Therapy Inhibits Vascular Endothelial Inflammation via the Induction of Heme Oxygenase-1」

5月

 

ヨーロッパ腎臓医学年会ERA-EDTA (Stockholm, Sweden)に出展

イギリス腎臓医学年会BRS (Glasgow, UK)に出展

10月 アメリカの家庭用医療器材展示会Medtrade(Atlanta、U.S.)に出展

 

2007年

3月

 

 

米国腎臓学会誌JASNに論文発表

「Far-Infrared Therapy: A Novel Treatment to Improve Access Blood Flow and Unassisted Patency of Arteriovenous Fistula in Hemodialysis Patients」

5月 ヨーロッパ腎臓医学年会ERA-EDTA (Barcelona, Spain)に出展
8月 タイの腎臓医学年会NST (Cha-Am, Thailand) に出展
11月

 

 

 

 

アメリカの腎臓医学年会ASN (San Francisco, U.S.) に出展

ポスター発表

「Inhibition of TNFα-induced expression of cell adhesion molecules through upregulation of heme oxygenase-1 mediates the anti-inflammatory effect of Far Infrared Therapy in human umbilical vein endothelial cells.」(MD Lin, Chih-ching、台湾)

12月 韓国へ進出。

 

2006年

10月 国際医療品質管理システムISO 13485:2003認証取得

 

2005年

3月 台湾の外科医学年会に出展

 

2004年

3月 GMP承認取得

 

2003年

5月 「寬譜醫學科技股份有限公司(WS FAR IR MEDICAL Co., LTD)」に社名変更

 

2002年

12月 台湾の腎臓医学年会に出展(以後毎年出展)


 

1998年

3月 台湾の透析室(クリニック)が採用しはじめた

 

1997年

8月 台湾の秀傳医療社団法人秀傳記念医院心血管外科江日崇先生が「シャントへの使用の臨床研究」を実施

 

1996年

10月 リハビリ医学分野に採用

 

1995年

4月 台灣での特許を取得

 

1991年

7月

 

「寬譜國際健康事業股份有限公司」を創業

「寬譜遠紅外線治療儀」TY101型を開発